学ぶ屋形船

季節に応じたイベントで屋形船を満喫しよう!

季節に応じたイベントで屋形船を満喫しよう! 屋形船を利用する時には、季節に応じたイベントに注目するというのも良いものです。
そうすることで、普段は楽しむことができない素晴らしい景色を楽しむことができます。
まずは春に楽しめるものですが、桜の花を眺めることができます。
つまり、屋形船から花見ができるわけです。
その場にいれば、船が動いていき、場所を選んで停泊もしてくれますから、楽に美しい景色を楽しむことができます。
続いて夏に楽しめるのが花火大会です。
これなら、混雑する大会の会場周辺を歩かなくて済みます。
デッキで風を感じながら大パノラマを堪能することができ、贅沢な時間を過ごせることでしょう。
秋は暑さがやわらぐ季節ですから、展望デッキに出て、ゆっくりと景色を楽しめることでしょう。
食欲の秋という言葉もありますから、船内で豪華な食事を楽しむのも良いです。
冬はクリスマスもあるロマンチックな季節ですから、東京タワーやスカイツリー、レインボーブリッジなどの名所がライトアップされる様子を見て楽しむのも良いでしょう。

屋形船の予約が取れない時期はいつ?

屋形船の予約が取れない時期はいつ? 屋形船とは、屋根があり、お座敷が設けられ、河川に浮かべて中で宴会が楽しめるようになっている船のことです。
エアコンやトイレといった設備も備わり、和食以外の料理も楽しめるとあってさまざまな世代に人気があります。
団体で一隻丸ごと借りる貸切船が主流ですが、カップルや少人数でも利用できる乗り合い船もあります。
屋形船の予約が取れない時期は、お花見シーズンや花火大会の時です。
あとは忘年会シーズンもこみあいます。
中でもお花見は人気が高く、4月の最初の土日はかなりの混み具合となり、貸し切り船は1月ごろには予約でうまることがあります。
運営会社にもよりますが、屋形船の予約は数か月前からとることができます。
早いところでは一年前から受け付けているところも。
毎年利用する常連の団体客などもいますので、早め早めに予約を入れてしまうといいでしょう。
花火大会が開催される日も、予約がすぐに埋まります。
花火大会の開催日が決まったらすぐに予約を入れるようにしましょう。